FC2ブログ
2012 12123456789101112131415161718192021222324252627282930312013 02











好きな作品ふたつ

9.jpg
これは30号です
私の和紙絵では一番大きなものです
これを額装すると結構な大きさで
今の私なら一人で持てますが
先輩方の作品は ご自分では無理なので
私のような若手?が運んでいました

これはユーカリの樹です
坂を下った集落の大きなお屋敷で
空を突き抜けるほどのユーカリがありました
樹齢200年といったか?もう覚えてませんが。。

これが 雷か台風か知らないのですが やられて 
クレーン車で切られてました(作業中は見てた)
で…春に行ってみると 新芽が伸びていました!
感動して 写真を撮り
それをデッサン(?そんな大層なもんじゃないけど)して
和紙絵に起こしました
第1弾は 春の作品だったので
タイトルは 生き抜いて・春
それは20号でした

そして夏に行きました
それが、、、これ。
もちろん、タイトルは 生き抜いて・夏(笑)
これは 樹の上の方しか和紙絵にしていませんが
その高さは数十メートルはあったんじゃないかな~。。
これは塀の上に出てた部分を遠目に見たものですから。。

このバック紙も 一枚の和紙です
もちろん、この紙の下には 何枚も和紙を重ねてありますが
細工をせず 和紙の染めだけを利用しました
後ろの山は これまた何枚かの和紙を使っています
幹のねじれ…これ、和紙を濡らして
破れないように気をつけながら そ~っと紙をねじるように伸ばしてます
それを部分部分に貼り合わせています

この後も調子に乗って大きな作品を作ってれば
額代だけで 万札が10枚くらい飛んでいくんですよ~(ーー゛)
それを作品に合わせて買っていくと どうなってたか。。。
そんな額も 押し入れにたくさん眠っています
だれかいらん?(笑)

絵手紙の額と違い
キャンバスには枠を打ちつけてあるので
少し厚みがある額です
買う時は ガラスが入ってますが
これをアクリルに交換します
額は、額屋さんが教室に見本を持ってきて
それを各自が 額とマットを作品と合わせて
先生に見てもらい OKが出たらその額に決定です
絵を生かすも殺すも 額次第。というわけです

今、絵手紙の額は 自分で適当に買いますが
これを和紙絵の先生が知ったら…想像できますァハハ・・(^д^;)

それくらい 先生は和紙絵を大切に考えておられました
絶対に鋏を使わせなかったのも 和紙は生きてるとの想いからでした
大阪市美での展示会で 他所の教室生は
鋏を使って細かく切っていましたが
私たちの教室は一切それをしませんでした
もしそれをしたら 先生は即座にやり直させたと思います

そんな先生を私は好きでしたねぇ。。。
他の人たちが先生のやり方をどうこう言うことがありましたが
私は 先生のやり方は間違ってないと思ってました

もう一点
w5.jpg
スミマセンが クリックしてください
横長の作品なのです。。
これが私の一番大事な作品です
モデルは そらチャン♪
車に乗るのが好きな子で タイトルは 早よ行こっ!
そらとハンドルのバランスがへんでしょう?
でもわざとこうしたんです
それは そらが主役だからです
描きたいものだけをしっかり描け。←先生の教えです
これ、絵手紙に通じますよね

和紙絵のオンパレード
これで一応ストップです
あとは・・・・・・・しょうもないもんばっかりです(笑)
かといって すぐに絵手紙をUPできる状況ではありません^_^;
描いてないも~ん!(;¬∀¬)ハハハ…
一日中数独やってんねん!(^^ゞ
スポンサーサイト



2013年01月22日(Tue) | 未分類 | TB(0) | CM(2)